スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネムネムそうげんカフェ。

昨日は友人の石川文子さんと久しぶりに会って話をしました。

京都で一緒にお昼御飯と本屋巡り。
うだうだしてるうちに晩御飯も食べました。

その日の私は無意味に徹夜明けな上に仕事上がりだったので
本屋に居ても文子さんと話していてもふわふわと夢の中のようでした。


眠い→でもお腹減った→食べる→眠さピーク→でも喋りたい→いつもと違う部分の脳を使って話す。


といった感じで楽しかったです。



文子さんは私が眠かろうがいつもと違う脳を使っていようが
ほっといてくれる人なので助かります。



sougen


私の向かいに座っている手の綺麗な人が石川さん。@そうげんカフェ。

彼女は写真家さんです。

「光ノ音 a note of a light」というとても美しポストカード集の作者さんです。




私達は二人で話すと本当にしょーもないアホな話しかしませんが、
お互い自分が大事に思っているジャンルに関してはいつも真剣です。

特に彼女は写真に関する努力を、当然のように、誰に自慢するでもなく、無限にやります。

写真に関して限度がない。



そのトコトンな姿勢を傍で見させてもらって、
私も詩に関することをもっと頑張りたいと元気をもらいます。

彼女の写真はとても美しいのです。

現実を写しているのにあの世を写したような美しさ。
これまたちょっと夢の中の様なんですよねー。


彼女の写真のスライド+私の詩の朗読+音楽で、水窓(すいそう)というものになります。
音楽は毎回ゲストの方に来ていただいています。

そういえば最近は水窓やってないなー。

久々にまたやりたいです。



石川さんのポストカード情報はこちら↓。

光ノ音 a note of alight光ノ音 a note of alight
(2007/06/26)
石川 文子

商品詳細を見る
プロフィール

トヨエス

Author:トヨエス
豊原エスと申します。
京都市左京区にてのんびり生息中。
http://toyoesu.main.jp/

最新記事
カテゴリ
リンク
このブログをリンクに追加する
最新コメント
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。