三十銀也。

100226_185332_convert_20100227235802.jpg


先日、ロヲ=タァル=ヴォガのお芝居を観に行きました。

草壁カゲロヲ大復活祭“SILVER 30”。

太宰治の「駆け込み訴え」をモチーフにしたストーリーです。


お話の内容はここで書いてもしょうがないので書きませんが、

まー役者連が良かったですねーーーー。


舞台の上のカゲロヲさんを観るヨロコビ。

存在感抜群です。

嫌な奴、駄目な奴って役が本当によく似合う!!

カゲロヲさんがそういう役をやると、
そのキャラクターの嫌さや駄目さよりも
弱さに由来した愛らしさや不思議さ、
「この人には私達に見えてない何かが見えてるのかも…?」と
感じさせる超越した雰囲気が劇場の隅々にまで満ち溢れ、
本当にちょっとした指先の動き一つにも惹き込まれてしまいます。



今回の舞台、出ている役者さんは男性ばかり。

どの人も男前です。いやホンマ。

人の顔って面白いなーーーーー、と思いながらずっと観ていました。


ヴォガお得意の音楽(というかリズム)に合わせて延々とセリフをこだまさせる
白塗りの男前連のシーンが山盛り。

いろんな人の笑ってない顔をじっくりと見させてもらいました。


笑顔って素敵やけど、何かを隠したりもするので注意ですよ。

笑ってない顔にももっと注目しないと。



ヴォガを観るたびに「いいなぁ」と思う役者さんがハ・スジョン君。

今現在も勿論素晴らしいのですが、さらに良くなる将来性を毎回感じます。

今回の演技も素晴らしかった!

「弟」って感じやなぁ、君…。

しかし彼は私の知らん間にヴォガの副代表に就任していたのでした。

すっかり偉くなっちゃってまー。



客演されている袋坂ヤスオさんの踊りと波多野敦子さんの生演奏もすごく良かったです。

二人のファーストシーンからして「あー、来て良かった」と思わせてくれました。


ヤスオさんは滑稽なポーズほどきまる、といったこれまた不思議な踊り手さんですね。





書きたいことはまだまだ沢山あるけどキリがないのでとりあえずここまで。


ロヲ=タァル=ヴォガがロヲ=タァル=ヴォガらしいお芝居を見せてくれて
本当に嬉しかったです。ほっとしました。

らしくある、というのは案外難しいのですからね。

しかも劇団と言う個性的な人達の集団ともなると尚更でしょう。




ヴォガの次の公演が今から楽しみです。

いい舞台を見せてもらって、さー私は今後どうしましょうかねー。


私もそろそろまた何かしないといけませんな。


友人知人の頑張っている姿を見せてもらうと、
自然とそんなやる気が出てくるのでありがたい。


能動的に生きたいと素直に思えてきます。



とりあえず今日は、寝ますけども。



ぐー。



プロフィール

トヨエス

Author:トヨエス
豊原エスと申します。
京都市左京区にてのんびり生息中。
http://toyoesu.main.jp/

最新記事
カテゴリ
リンク
このブログをリンクに追加する
最新コメント
月別アーカイブ