11月29日② 昨日の思い出

昨日はポエム&マッサージというド癒し系のイベントの日でした。





揉まれております、これこのように。


ヒーリングタッチとマッサージをして下さっているのは
私の大好きなおねーさん、akushuのセツさんです。



101128_170759_convert_20101129163824.jpg


カフェスペースから見たらなんじゃらほいといった感じですかな。


実際「あのーーー、上で何やったはるんですか??」と
お声を掛けて下さった方も多かったです。


で、ヒーリングタッチとマッサージをやってますよ、というと
予約を入れて下さったりして。


嬉しいなぁ、この感じ。




待ち時間のある方には「さ、さ、詩でも読んでお待ち下さい」とか何とか言って
ソファで待っていただきました。

土日のかもがわカフェはすごいお客さんなので
皆さん気を遣われて席を譲って立って待っていようとするんですねーー。


何という配慮!


お前らプロか。(←イチハラヒロコ)




まーいいですよ、詩は読まなくてもどっちでも。


既に包んでおりますよ、揉まれてるあなたをね。








とある一組の男女。

美人さんと素敵な男性がマッサージの予約を入れて下さいました。


下から見ていてマッサージが気になって、
たまたま時間が空いてたので予約を入れてくれたのかな?

というぐらいに思っていたのですが、
実は何と大阪からこの「暗闇と僕。」を観に来て下さったお二人だったのです!!

停滞しまくりのこのブログを読まれて!!!

ごめんなさい!!


とりあえず謝る……。





詩を書いていて、詩集を作っていて、
とにかく嬉しいのはこういう瞬間です。


いつも読んでますと言われると
ただただ感謝の気持ちでいっぱいになります。


それぞれ皆さんが自分らしく生きるための種・要因は自分の中にあって、
それが動き出すためのきっかけを社会に出て各々探しているのだと思うのです。

私なんかの詩でも誰かの種を芽吹かせるかもしれない、
止まっていた歯車が再び動き出すきっかけになれるかもしれない、と
淡い期待を抱いて日々詩を書いていますが
そういう活動に陽の光を当ててもらったような気分です。


 誰にでも喜ばれる詩ではないけど
 誰かは喜んでくれている


と思うとさー次も頑張ろう!とやる気がドーーーーンと出てくるのです。



大阪からのお二人、ご来場いただいた皆さん、

本当にありがとうございます。



これからもどうぞよろしくお願いしますね。


プロフィール

トヨエス

Author:トヨエス
豊原エスと申します。
京都市左京区にてのんびり生息中。
http://toyoesu.main.jp/

最新記事
カテゴリ
リンク
このブログをリンクに追加する
最新コメント
月別アーカイブ