スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

頑張れ本屋さん。

iPadすげースな!

ちょっと昔に夢見た未来じゃないですか。


扱いやすい電子書籍の登場で辞書やビジネス書、
ハウトゥー本なんかは本屋さんに並ぶ率も減るのでしょうか。

私が谷川さんの詩集を探しに行った時、
店内のかなりの面積を占めていたあのインチキっぽい本たち。(ごめん、本!)

命令するみたいな自己啓発本。
上から目線のヒーリング本。
金儲けしかできない男の一冊丸ごと自慢本。

あーゆーのは駆逐されるんでしょうか。



うーん、ヒーリング本はやっぱなくならんか。

どんなに安っぽくてもやっぱり紙かな。

まぁいいか、色綺麗やし…。



あと意外にファッション系の雑誌も紙で残ると思う。

なんでか雑誌は紙なイメージ。

ぼへーっとページをめくる。




詩集とかの装丁が大事なもの、手にとることに意味があるものは
あんまり電子書籍の影響は受けなさそうな気がします。

やっぱ生の猫とロボの猫くらいの違いがあると思うし。

手触りが違うよ。生きてなくちゃ。


詩集を資料として読む人は電子書籍に流れるやろうけど、
もともと詩集を作る時にそういう人達を読者としてカウントしてはいけないのやな。


元に戻るだけか。


自分の宝物、人への贈り物としての本はやっぱり紙として残る。

結局大昔とは言わないまでも、ちょっと昔に戻るだけ。


何でもかんでも本にしてた馬鹿な時代が終わるのやな。



090927_193444_convert_20091230225435.jpg

Trackback

Trackback URL
http://toyoesu.blog84.fc2.com/tb.php/157-cc5d017b

Comment

なかぞえ | URL | 2010.01.30 02:02
あと絵本とか画集とかは紙のままでしょうね

トーハン、日販の株を出版社が割って持ってたりするので本屋さんは品揃えと店の雰囲気で勝負するしかないんですよね

品揃え勝負ではネットに勝てるわけないです

因みに電子書籍端末本命のAmazon Kindleは脅威の印税70%を決めました

レコードがCDにCDがMP3になったみたいになるんだと思います
本って制作はいち早く電子化したのに流通については遅れてるんですよね

卸しが悪い
トヨエス | URL | 2010.01.30 23:57 | Edit
本屋さんは今まで通りではいられん感じやねー。

何と本屋さんがくっつくのかな。

ネットカフェとかは安易やよな。



映画館とか美術館に出前。

何とかしてバーゲン。

オリジナル書籍。

本屋で本好き限定の見合い。



とかどうよ。
Comment Form
公開設定

プロフィール

トヨエス

Author:トヨエス
豊原エスと申します。
京都市左京区にてのんびり生息中。
http://toyoesu.main.jp/

最新記事
カテゴリ
リンク
このブログをリンクに追加する
最新コメント
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。