スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ざいこ。

miageru


これ↑は「空を見上げる」という自費出版の詩画集です。

2004年10月に作りました。

詩が豊原エスで絵が足田メロウ。いつものコンビ。


この詩画集は絵もなかなかハードだし、私の詩も結構キツいのが入っているので
そんなに売れないだろうと200冊しか作りませんでした。



が、



意外なことになぜか婦女子に人気があり
あっという間というほどではありませんが、さっさと売り切れてしまいました。


あー、こんなことならいつもと同じように500冊で刷ればよかった…。


200と500では原価が全然違うのです。

多分一冊につき100円以上は変わってきます。

「空を見上げる」は800円で販売していましたが、それを700円に出来たのです。



あー悔しい!




私は詩を書くのも大好きですが、詩集を制作し、
それを販売することにもとても興味があります。

私の詩集を遠くに住む誰かが購入してくれたり
私の詩集を見て「こんな感じなら自分にも出来そうだ」と誰かが詩を書き始めたり
私の詩集を販売することで書店さんが僅かながら利益を得たり。


私は詩を書いて自分自身と対話し、
詩集を制作・販売して世の中と対話しています。

私にとって詩集を制作・販売することは体の中に血を巡らすこととよく似ています。


100円の原価の違いでわーきゃー言うのは「もっと健康になれたのに!」と
悔しがっているような感じです。

でもこんなことでストレスを感じていては健康な販売活動は出来ませんね。

いつも平常心でいたいけど、詩のこととなるとついエキサイトしてしまう…。







で、在庫ですよ、在庫。

私は在庫切れという状態が嫌いなので、在庫がなくなるとすぐ増刷したくなります。

初めての詩集「セルフヘルプ」と三冊目の詩集「漂流詩」は品質に大いに問題アリなので
廃番にしていますが、11年前に制作した「うた」などはつい最近もまた増刷しました。

かなりゆっくりなペースですがいまだにぼちぼち売れてくれているので刷るのです。

「欲しい」と言って下さる方に「もうありません」とは簡単に言いたくない。



しかし!



私が今販売を続けている自費出版詩集は「うた」「ホイッスル」「嘘をつけばよかった」
「あとからわかること」の四種。

「ホイッスル」を刷れば「うた」がなくなるし、「うた」を刷れば「空を見上げる」がなくなるし!
新しい詩集をつくるお金が全然貯まらんじゃないの!

自費出版詩集の他にもポエム食器を作っていたり青幻舎さんから出していただいた詩集の
手売りもしているので正直めっちゃ貧乏です。


展覧会だって年に一回はやりたい!

でも貧乏くさい展覧会は嫌だ!

ちゃんとお金かけたい!



というわけで日々の貧乏生活が形成されていくのですな。必然的に。

もー貧乏過ぎてコントのような毎日ですよ。



やっぱり定価が安過ぎんのかなぁー、計算上ではトントンになるはずなんやけど。

交通費とか送料とかがなぁ…。ぶつぶつ。

原価に雑費に委託料。

ちゃんと計算している筈なんですが、なぜだか売れても儲からない。

多分すごくゆっくり売れてるからそんな感じになるんでしょうなぁ。

うむむ。



そして部屋には在庫の山。

足を伸ばして寝れる日はいつ来るのか。

って嘘ですけど。


自分の詩集がもっと循環してくれればいいなぁと願いつつ、今日はもう寝ます!


Trackback

Trackback URL
http://toyoesu.blog84.fc2.com/tb.php/24-957cae69

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール

トヨエス

Author:トヨエス
豊原エスと申します。
京都市左京区にてのんびり生息中。
http://toyoesu.main.jp/

最新記事
カテゴリ
リンク
このブログをリンクに追加する
最新コメント
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。