スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

my room

07-12-02_11-28~00


私の部屋には詩画集の相方・足田メロウ君の大きな絵があります。

ベニヤに書かれた絵をそのまま壁に打ちつけました。


濃い赤と空洞のような黒眼がちょっと怖くていい絵でしょー。

彼女は空を見上げ、今にもその青空へ飛び立ちそうな雰囲気です。




07-12-02_11-30.jpg


こっちは版画です。

昔の展覧会で、各10枚とかの限定で刷ったもの。

大のお気に入りです。

もっといろんな種類を買っとけば良かったなぁ…。






この他、私の部屋には切り抜きだのポストカードだのがたくさん飾ってあります。

その辺は足田君とは関係なし。

色がきれいだったり文字が格好良かったり、選ぶ基準はいろいろです。


扉にスクラップするようにベタベタ貼り付けていますが、
こういうメモとか切り抜きって冷蔵庫には貼らない方がいいらしいですよ。

貧乏になるそうです。ホンマかいな風水。







ところで、私の部屋には今はポスターは一枚もありません。

あまり壁を埋めすぎると狭く感じてしまい、
せっかくの絵が活きませんので全部仕舞ってしまいました。


絵というのは、原画というのは、ポスター等とは違ってちょっと値が張ります。

場合によっては額縁も用意することになって手間もかかったり。

あと、もし処分することになった時にはポスターや切り抜きやポストカードのように
気軽にはいかなさそうです。



でも!

やっぱり原画というのは素敵です。

作者が実際にその絵に触れながら作品を完成させていったのです。

自分も頑張ってお金を出して手に入れたり、簡単に捨てられない存在感がある分、
その絵に対して深い親しみが生まれます。

一人しかいない自分と一つしかない原画の、世界で一つの関係です。


私の部屋にある足田君の絵は、人間は(少なくとも私は)クールでなくていいのだ、
スマートでなくて全然構わないのだ、面倒臭くていい、不便でいい、
ただ波長の合う人や物に関わって生きていこう、とあらためて感じさせてくれる
私にとってとても大事なものです。


こういう物が傍に居てくれると少々の事ではへこたれない。



大好きな絵に励まされ、「ど厚かましく生きていこう!」と日々精進しています。



Trackback

Trackback URL
http://toyoesu.blog84.fc2.com/tb.php/40-354b00a0

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール

トヨエス

Author:トヨエス
豊原エスと申します。
京都市左京区にてのんびり生息中。
http://toyoesu.main.jp/

最新記事
カテゴリ
リンク
このブログをリンクに追加する
最新コメント
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。