スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

劇研。

アトリエ劇研で「山下君が死んだあとのこと」を観てきました。

えれぇタイトル…。


私の詩の講座を8年も受けてくれているひー君が
役者さんとして参加しているので観るのを楽しみにしていました。

ひー君は舞台にぼーっと突っ立ってるだけでもとても意味のある人です。
今回も素晴らしい存在感でした!

どんなに調子に乗った言動を繰り返す役でも、ひー君が演じるとチャラくならない。
「ホントは真面目なのね」「あたしには解る!」みたいになります。

お芝居の中でえらくモテててそれが一番笑えてしまった。

モッテモテやないか君。



お話の中には自己中とヒステリーと間の悪さと若さと不安と
恋と欲と見栄がたくさんたくさん詰まっていました。

それをそれぞれの人が隠せないまま「さぁどうするべきか」と各々で考える、
というお話に私は観えました。


いくつになっても痛いけど、ほっとかない方がいいテーマです。ねー。


あ、ひー君がすごい浮力になっていたのだと今気が付いた。

そういや当て書きみたいにお話作ってたんやったかな?


どっちにしてもすごいッス。


アトリエ劇研→http://gekken.net/atelier/pg628.html

Trackback

Trackback URL
http://toyoesu.blog84.fc2.com/tb.php/679-f57bafcb

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール

トヨエス

Author:トヨエス
豊原エスと申します。
京都市左京区にてのんびり生息中。
http://toyoesu.main.jp/

最新記事
カテゴリ
リンク
このブログをリンクに追加する
最新コメント
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。