スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やってみましょう。1。

今回の展示には若い方が沢山来てくれました。





にこにことフレンドリーに話しかけていただいて、
嬉しいやら照れ臭いやらで変な返事ばっかりして
しまいました。


観に来て下さる若い方というのは、私の作品を
気に入って下さっているのと同時に、展示の仕方の
バリエーションや自費出版の一例を見学しに来て
いるのかなとも思いました。


そんなあなたに!

豊原エスの考える、カフェ内のスペースを借りて展示をする際のお作法!!

① 遠方でないなら事前に何度か一般客として利用する。

急に来店してレンタル方法をごちゃごちゃ訊ねるのは失礼です。
初めての来店でも店員さんと話が弾めば訊ねても
失礼ではないですが、お店が忙しい時間は避けましょう。
お客さんがいなくても大事な仕込みの時間かも
知れませんので長々と話し込まないように。

お客さんとして通ってみて自分と合うようなら、
お店の空いている時間を見計らってスペースの
レンタルについて訊ねてみましょう。

遠方でもHPなどをしっかり見てメールで丁寧に
質問をすれば問題ないですが、展示に慣れて
いないのなら自分の生活圏外での展示は避けた方が
いいと思います。


話はちゃんと聞く
当然ですが、自分の願望で頭をいっぱいにして
話を進めることのないように。
自分にとって有利な話もあれば厳しい条件も
あります。当たり前です。
後で言った言わないになるとどうしようもない
ので、レンタルに際しての利用要項などがあるなら
必ずもらい、口頭でやりとりした補足はその場で、
目の前で、利用要項の余白にでも書きとめて
おきましょう。

とくに明確にしておかなければいけないのは

・レンタル料の有無や金額、日数。
・作品やグッズの販売が出来るのか。
・販売の際のお金の管理をお店側でしてもらえる
のか、作者が毎日在廊してお金の管理をするのか。
・作品が売れた時の掛け率。
・貸してもらえる備品。それに関するレンタル料。
・展示により壁に多少穴が開いてもいいのか、
展示後の処理はどうするか。
・作者が在廊しない日があっても大丈夫か。

利用要項に書いてあるなら変更がないか確認する
程度で。

大前提ですが、利用要項を読まずに質問しないこと。

お店の方に馬鹿だとバレたら終了です。


カフェの壁面などのレンタルをしたことがない
お店なら、今後レンタルを希望するお客さんに
渡す利用要項を一緒に作るくらいの勢いで丁寧に
訊いてまとめましょう。
後で清書してお店側に渡すなら店主さんも快く協力
してくれるでしょうし、根掘り葉掘り訊いても不躾
ではありません。

でも、レンタル貸しをしたことがない店には
それなりの理由があるのかも知れません。

夜に作品に当てる照明は揃っているのか、作品は
汚れにくい位置に設置できるのか、そもそもお店の
方は作品の展示自体に興味があるのか。

この辺は訊くのではなく自分で判断するべきでしょう。


照明にしても展示位置にしても、強引にお願いして
お店に迷惑をかけてはいけません。

そのお店は展示に関しては合わないお店なのです。

早々に諦めて、他を当たりましょう。


そして、聞きにくいですが、話の中に作品の紛失や
破損についてどうするかも含めておきましょう。

要するに販売物の万引きや作品の盗難についてです。

豊原は自衛あるのみと考えております。


続く。

Trackback

Trackback URL
http://toyoesu.blog84.fc2.com/tb.php/982-ac07bd6b

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール

トヨエス

Author:トヨエス
豊原エスと申します。
京都市左京区にてのんびり生息中。
http://toyoesu.main.jp/

最新記事
カテゴリ
リンク
このブログをリンクに追加する
最新コメント
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。