スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

詩集「漂流詩」より

今更助けて欲しくなんかない
充分手遅れになってから
手を差し伸べるなんて
何より汚いことだとは思わないか

私は自ら望んで
悲しみの果てを見に行く
たった一人
悲しみの果てを見に行く 

悲しみの尽きるところにも
本当の何かがあると信じて



iphone_20110810130719_convert_20110810131144.jpg

「漂流詩」は98年に発行した詩集です。

「悲しみの果て」とか「自ら」とか「たった一人」とか、ちゃんと書いちゃうのねー…。

偉いぞ、20代の私。

書きたいこと書かなきゃ次の段階はないですから。



写真は詩の講座用にプリントアウトしたもので、「漂流詩」という詩集ではないです。

ペライチ。

芥子の実

「芥子の実」

あなたが世界に見放された夜も
世界は
その他大勢の神様に見護られている
それは揺るぎようのない事実

あなたにとっては
自分自身がすべてでも
所詮あなたは
世の中のほんの小さなヒトカケだ
居ても居なくでも変わらないような

いつの日か尽きて
走れなくなっても
心が壊れても
言葉を失くしても
地上から愛が消えることはないし
やはり何事もなかったかのように
夜は明けるだろう

あなたの手の中に
芥子の実ほどの愛がない時も
この世は愛に満ちている

諦めるな
なお感謝せよ

世界はあなたの手の中にある
ゆめゆめ疑うことなかれ

iphone_20110809150447_convert_20110809152612.jpg


この「芥子(けし)の実」という詩は「あとからわかること」や
「水の鳥」に収録されています。

「水の鳥」ではダンサーの黒子さなえさんのモノクロ写真に添えられています。

宙を見つめながら踊る女性とこの詩の組み合わせはイメージをより一層膨らませてくれますねー。

さなえさんの最後の一枚の写真が泣ける!

さすがは文子さん、ナイスな編集本能です。


詩集「セルフヘルプ」より

iphone_20110809135147_convert_20110809135402.jpg


人間が生きて死ぬ、そのワケを教えて下さい
なぜわざわざ生まれてあっという間に
何も出来ずに死んでいくのでしょう
ただ鳥や魚や虫の様に食物連鎖の一部でしかないのなら
なぜ人間は夢を見るのでしょう
電波を飛ばしたり速い乗り物に乗ったり
大気圏を出たりしたのはなぜですか
人間が生きるということは
他の生物が生きるということと少しも違わないのですか
私が喜んだり悲しんだり必死になったりしたのは
意味のないことなのですか


                             詩集「セルフヘルプ」より





詩集「セルフヘルプ」は1997年に私が初めて出版した詩集です。

150ページに渡って同じようなことを何回も何回も何回も書いてあって、

それはもー今となってはスゴイとしか言いようのないシロモノです。


よっぽどだったのね。

よっぽど。



写真は先日の詩の講座の為にざらばん紙にプリントアウトしたものです。

え?わら半紙?ウチんとこじゃ「ざらばん紙」と言ってました。よーー。





 一人で立ち直る淋しさ

 私にはその淋しさが光だ


 
iphone_20110731012745_convert_20110731013027.jpg
「暗闇と僕。」より

詩集『あとからわかること』より

あなたは
当たり障りのないあなたに
擬態している


プロフィール

トヨエス

Author:トヨエス
豊原エスと申します。
京都市左京区にてのんびり生息中。
http://toyoesu.main.jp/

最新記事
カテゴリ
リンク
このブログをリンクに追加する
最新コメント
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。